ねずみのよめいり

(一)
むかしむかし、あるところにかしこいネズミさんがすんでいました。 ネズミさんには、目に入れても痛くないくらいかわいいむすめさんが いました。「せかいでいちばんえらいひとのところへ、よめにやりた いんだが…」といって、おむこさんをさがしていました。それを聞い た、となりのネズミさんが「せかいでいちばんえらいひとといったら それは、まあお日さまですな」というので、おとうさんネズミは、お 日さまのところへでかけていきました。
次頁→